おきのえらぶ島関連書籍の紹介

あまみの甘みあまみの香り

おきのえらぶ島観光協会が大変お世話になっております離島経済新聞社の鯨本さんと石原さんが本を出しました!

おきのえらぶ島の情報も満載!

黒糖焼酎を切り口に奄美群島を様々な角度から紹介していただいています。

奄美群島への愛が感じられる一冊となっています。

おきのえらぶ島観光協会でも販売しますので是非読んでみてくださいね!来週入荷予定です。

税込み1,512円です。

奄美群島大好きな方は是非読んでくださいね!

 

西日本出版社 著者:鯨本あつこ・石原みどり
◆正式タイトル
「くじらとくっかるの島めぐり あまみの甘み あまみの香り
奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島と黒糖焼酎をつくる全25蔵の話」

黒糖焼酎は、実は奄美群島でしか造られていないお酒なのです。奄美群島中にある全25蔵を、島女子ブームの仕掛人である「離島経済新聞」編集長鯨本あつこが紹介。九州とは違い、沖縄とも違う奄美群島の魅力満載、島好き・酒好きの方必読の蔵と島めぐりのイラストエッセイです。

●沖永良部島

地下にひみつがある沖永良部島(地図)/文化の境目/美食の島/島の地下へ/
OKINOELOVE/鍾乳洞のようにじっくりと/島に灯りをともした功労者/
三種の神氣とコーヒーリキュール/「昇龍」40度はパーシャル冷凍で/
くっかるの酒蔵案内・原田酒造/「白ゆり」の香り/ふんわり可愛い「稲之露」/
巨大ソテツとブレンド技術/久米島から輸入した水/
くっかるの酒蔵案内・沖永良部島と共同瓶詰4蔵(徳田酒造・沖酒造・竿田酒造・神崎産業)/
至福の島宿タイム/まさに「天下一」の酒/ロックな酒とポップな酒/墓正月と敬老会/
くっかるの酒蔵案内・新納酒造 他、奄美群島全域の紹介あり

おきのえらぶ島観光協会オンラインショップ