沖永良部島へのご旅行や帰省をお考えの皆さまへ

「今そちらに旅行に行ってもいいのでしょうか?」

沖永良部島だけでなく、全国離島の観光事業者のもとには現在このようなお問合せが多く寄せられています。

この質問にお答えするのは本当に難しいのですが、コロナ禍の収束が見えない中での旅は、一つの決意を持った計画が必要なのではないかと思います。
それは、【これから行こうとしている地域も、自らの身も、自分の心掛けや行動で守らなければいけない】ということ。

奄美群島は今が一年で最も輝く季節。
ぜひ多くの皆さまに島の旅を楽しんで欲しい。島で帰省を待っているご家族とのんびりした時間を過ごして欲しい。
だからこそ、旅行者お一人おひとりのご協力が必要です。




●来島2週間前からを目安に、感染のリスクが高い場所や機会を避け、 感染防止対策を徹底した生活を心掛けていただくこと。

●少しでも体調がすぐれない場合には、ぜひ強い意志を持ってご旅行の中止や延期を決めていただくこと。

●体調に変化が無くとも、ご自身の身近に感染された方がおられた場合には来島を見送っていただくこと。

●ご帰省の方は、来島中は大人数の飲み会は控えていただくこと。

●来島帰省中、高齢者が家にいる場合は、食事はできれば別室でとっていただくこと。


ご来島前にはぜひこちらの『コロナ禍における 島旅のしおり[PDF/572KB]』『新しい旅のエチケット[PDF/850KB]』を念頭に置いていただけますと幸いです。

安心安全な離島の暮らしが守られながら、皆さまに今年の夏も想い出に残る旅をお過ごしいただけますように。

Go Toトラベル
新型コロナ対策